コンタクトレンズをつけていると、何だか目がゴロゴロする、カサカサするなどの症状が起こることありませんか?

目の表面は、絶えず少量の涙の成分で覆われています。瞬きをしながら目の乾燥を防いでいるのです。

しかし、コンタクトレンズを目につけると、目の周りを涙の成分が上手に覆えなくなってしまうことがあります。そうすると、目がゴロゴロするなどの違和感がおきてしまうのです。

この目のゴロゴロなどを解消する方法に目薬があります。でも、目薬はコンタクトレンズでも使えるものを選ばなくては、目により一層負担をかけてしまうことにつながります

そこで、コンタクトレンズに使える目薬、特におすすめの目薬や正しい使い方を、詳しくお伝えします。

スポンサーリンク


コンタクトレンズに使える目薬の種類

3ac0b0679b975c532184e5ef6be9255a_s
最初に、コンタクトレンズに使える目薬の種類について学びましょう。

一般的に目薬は、次の2つのパッケージがあります。

  • 使い捨てタイプ
  • 1ボトルに複数回の目薬が充填されているタイプ

この2つのパッケージの内、どちらが、コンタクトレンズに優しい目薬かわかりますか?

皆さん何となく、”使い捨てタイプでしょ!”って思いますよね。

そうです。コンタクトレンズを使っている方は、使い捨てタイプの目薬を使うのがおすすめです。

使い捨てタイプをおすすめする理由は、防腐剤が含まれていないことがあげられます。

1ボトルに複数回の目薬が充填されている目薬は、当然、長期間にわたって使用することが予測されるので、防腐剤が含まれていることが多いです。(ボトル製品でも防腐剤を含んでいないものもあります。)

代表的な防腐剤の成分は、次の3つがあります。

  • ベンザルコニウム塩化物
  • パラオキシ安息香酸エステル
  • クロロブタノール

この中でも、特にベンザルコニウム塩化物には、注意が必要です。ベンザルコニウム塩化物は、防腐剤としての効果は優れていますが、体には、あまりよくない成分です。

ベンザルコニウム塩化物などの防腐剤が、目の角膜に長期間付着してしまうと、角膜が炎症を起こしてしまうことがあります。

コンタクトレンズをしている方は、コンタクトレンズと角膜の間に目薬の成分が長時間滞留してしまう可能性もあるため、メガネの人よりも防腐剤で目のトラブルを引き起こしてしまう方が多いといわれています。

一方、防腐剤が入っていない目薬は、開封した後、雑菌が入り込むと、目薬の中ですぐに増殖してしまいます。

これらのことから、防腐剤が含まれておらず、雑菌も繁殖しにくい、使い捨てタイプがコンタクトレンズの方にはおすすめの目薬です。

また、目薬の中には、コンタクトレンズの場合は、使用できないものがあります。

この注意を無視して、使ってしまうと、コンタクトレンズに目薬の成分がくっついてしまい、コンタクトレンズが使えなくなったり、目薬の成分が角膜に悪影響を与えることもあるので、使用しないでくださいね。


さて、1ボトルに複数回分、充填されている目薬は、防腐剤が含まれているため、目に刺激を与えてしまいます。

まして、目の角膜に密着しているコンタクトレンズならば、なおさら長時間、目に濃い濃度の目薬が影響することになるので、それらが含まれていないものを選んでくださいね。

しかし、コンタクトレンズをしながらも、目薬を使いたいときってありますよね。

次の項では、コンタクトレンズを使用する方の正しい目薬の使い方や開封後の目薬の扱いについて、詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク


コンタクトレンズを使用している方の目薬の扱い方

488526
コンタクトレンズを使用している場合の、正しい目薬の使い方のポイントを学びましょう。

正しい目薬の使い方は、次の5つが大切です。

  • 手をきれいに洗う
  • コンタクトレンズを外す
  • 目薬を1滴、点眼する
  • 点眼後、5~10分程度、瞼を閉じて、眉間を軽く押す
  • コンタクトレンズを装着する

「え?コンタクトレンズを外すの?」と思われた方が多いと思います。

そうなんです。コンタクトレンズを外して、点眼するのが、正しい使い方なんです。CMなどでコンタクトレンズをつけたまま使えますよ!という内容は、使えなくはない程度に思ってください。

先の項でも説明したように、コンタクトレンズをしたままでは、目薬の主成分や防腐剤が角膜に刺激を与えすぎてしまうため、目にはとっても負担になってしまうんです。

「毎回、コンタクトレンズを外すのは無理!」という方は、せめて防腐剤が入っていない、使い捨てタイプを使うようにしてくださいね。

0f01244eabfc8a1410c7028492346413_s
また、目薬は1滴で十分です。1滴以上の目薬は、目からあふれて、鼻などに流れてしまうだけですので、注意してくださいね。

最後に、目薬を点眼した後は、目を閉じて、眉間のところを軽く押して安静にしましょう。

瞬きをしてしまうと、せっかく入った目薬を外に出してしまいます。さらに、目と鼻はつながっているので、眉間を軽く押して、鼻に目薬が流れるのを予防してくださいね。

目薬は、防腐剤が入っていても開封後1ヶ月たったら捨てるようにしてください。もちろん、目薬が目に触れたり、不衛生な管理をしている場合は、もっと早く処分しなくてはなりません。

多くの方が目薬を保管している、鞄やポケット、化粧ポーチの中も衛生的に管理できているとは言いがたいのが現状です。

1ボトルの目薬は、基本的に毎日、複数回、目薬を使用する方が購入するタイプと思ってください。(目薬を1日に大量に必要とする方は、目の病気が隠れているかもしれませんので、本内容とは別に注意してくださいね。)

目の健康やコンタクトレンズを大切にしたい方は、使い捨ての目薬がおすすめです。

スポンサーリンク


まとめ

cbbb18bc84bb50488d439ecf82bd1d79_s
コンタクトレンズを使っている方へのおすすめの目薬は、”使い捨てタイプ“です。コンタクトレンズを使っている方の目薬は、これ一択といっても過言ではありません

防腐剤って、結構目に刺激があります。目にストレスが与えられ続けると、ドライアイになってしまったり、角膜に傷がついてしまったりします。

目は体の中で一対しかありません。一度、角膜の深くまで傷がついてしまうと、視野の欠損や視力の低下を招いてしまいます。そして、怖いことに、元に戻らないケースもあります。

一対しかない、大切な目を守るためにも、目に優しい使い捨てタイプの目薬を選ぶようにしてくださいね。