TOEICのリーディングパートの難関といえばパート7です。ここでつまずく人や寝ちゃう人がとても多いです。

ちなみに私も、毎回かなり苦戦しています。「まだ読ませるの!?」とキレそうになることもしばしばです…。

「990点中の400点だったらリスニングで頑張れば良くない?」と思うかもしれませんが、TOEICを受けたことがない人にとって、リスニングパートはかなり難しいです。

リスニングパートを攻略するには、慣れが必要不可欠なのです。つまり、400点を取るためにはパート7でいかに効率的に点数を取っていくかがポイントになります。

そこで、TOEIC初受験で400点取るためのリーディングパートの攻略法をお伝えします!

スポンサーリンク


400点を取るために大切な事!

019f9802b8ee5ba5714130792406c5fa_s
攻略法を見ていく前に、なぜ、リーディングパートが重要なのかを解説します。

ほとんどの人は学校でもリスニングより、リーディングの授業の方が多かったと思います。そういった親しみの面でもリーディングパートは対策しやすいと言えます。

さらに、パート7はリーディングパートの5割を占めています。

リスニングで点数を取れないとなったらリーディングで補うしかありません。というわけで、400点の壁を超えるにはまず、パート7の対策が必要なのです。

長文を読むうえで大事なことは、スピードと正確さです。どちらもできれば900点もすぐに取れてしまうのですがなかなかそうはいきません。

そこで、まずはスピードを重視して読むことが大切なのです。

長文を読むのが遅い、もしくは苦手な人の特徴として”返り読み“をしていることがあげられます。

返り読みとは漢字の通り、「後ろから訳して読んでいる」ということです。

綺麗な日本語に訳したいときには有効なのですが、TOEICのようなスピードを求められるテストで返り読みをしていては、いくら時間があっても足りません

そこで、私がおすすめしているのが、”スラッシュリーディング“という方法です。

次はスラッシュリーディングのやり方を解説します!

スポンサーリンク


スラッシュリーディング

da5e37f2728ea23a15ce7199bf63fe8d_s
スラッシュリーディングと聞いても、よく分からない人もいると思います。

スラッシュリーディングとは、その名の通り、意味のかたまり(チャンク)毎にスラッシュを入れて、文頭から意味を取っていく読み方です。

スラッシュリーディングとは?

スラッシュリーディングはどうやってやるのでしょうか?

実際にやってみましょう。

A)
People speak English /in many countries: /England, America, India, etc…
人々は英語を話す / たくさんの国で / イギリス、アメリカ、インドなど

Each has /its own special vocabulary /for many reasons.
それぞれ持っている / 自分たちの特別な語彙を / 色んな理由で

訳)
イギリス、アメリカ、インドなど、人々はたくさんの国英語を話しています。

そして、それぞれ、あらゆる理由からその国だけの語彙を持っているのです。

B)
Americans /are always inventing /new words.
アメリカ人は / 常に開発する / 新しい言葉

Some of these /become a part of the standard language /and find their way /into dictionaries.
これらの中のいくつかは / 標準語となった / /使い方が分かる / 辞書で

訳)
アメリカ人は、常に新しい言葉を生み出しています。

中には、標準語となり、使い方が辞書で分かるものもあります。

こんな感じです☆

ポイントは、後ろから訳す”返り読み”ではなく、前から前から訳していくことです。

TOEICのパート7はびっくりするほど時間が足りないので、スピード重視で解かなければなりません。

その点で、スラッシュリーディングは有効な手段なのです。

さて、新たな疑問が沸いてきましたよね。それは、スラッシュを入れる位置だと思います。

スラッシュを入れるところは!?

e02e53e7660e6cb8eed98ec319b7e628_s
スラッシュを入れるところは基本的に決まっていません。

  • 前置詞の前(on, in, under, behind)
  • 関係代名詞の前(which, what, that)
  • be動詞の前(is, are, was, were)

上記のような場所、で入れると分かりやすいと思います。

大体3語~5語を目安にスラッシュを入れていくと、長文を読むスピードがかなり上がりますよ!

スラッシュリーディングは本当に効果的?

da5e37f2728ea23a15ce7199bf63fe8d_s
メリットしかないように思えるスラッシュリーディングですが、実は反対派もいるのです。

  • 「ただ単に早く読めればそれでいいのか?」
  • 「文章の精度は気にしなくていいのか?」

こんな意見をよく聞きます。

結論から言うと、効果的です。

ただ、文法を徹底的に勉強したい人や、綺麗な日本語に訳すのが大好きな人にはお勧めしません。

スラッシュリーディングは、文章を前から訳すことで読むスピードを上げ、英語の文法の構造を理解しやすくなるので、リーディングだけでなく、リスニングにも、スピーキングにも、ライティングにも、全てに応用できるのです。

スラッシュリーディングは日本人がよくやってしまう“返り読み”からあえて遠ざけ、英語学習をよりいっそう促してくれるものとなるでしょう(^^♪

スポンサーリンク


まとめ

801ffbdf5c4dc7c73c0bfab010a2fba7_s
いかがでしたか?

スラッシュリーディングのやり方をまとめるとこうです。

  • 返り読みをしない
  • スラッシュを入れたところから順に前から訳していく

スラッシュを入れるところは次の3つを押さえると効果的です!

  1. 前置詞の前
  2. 関係代名詞の前
  3. Be動詞の前

私は、スラッシュリーディングで読むというのを、高校生の時に教わりました。

それまでは綺麗な日本語に訳して読んでいたので、テストで時間内に終わったことはなかったのですが、スラッシュリーディングをするようになってから、読むスピードが格段に速くなりました

前から訳していくことで、英語を話す人の考え方が理解できるようになり、英作文にもとても役立っています。

ぜひ、試してみてください!