「最近体調が悪くて…」「なんだか仕事がうまくいかない」「人間関係で悩んでいる」などなど、人それぞれ悩みは尽きませんよね。

いろいろと努力はしているものの、どこか空回りしているような感覚はありませんか?それはもしかしたら、お部屋のインテリアが原因かもしれません

人は、自然や環境からとても影響を受けやすいものです。

そのため、毎日生活する空間=部屋のインテリアなどから受ける影響も大きくなります。インテリアによって人は良くも悪くも変わる!と言ってもいいくらいです。インテリアとは単なるファッションでは決してないのです。

例えば風通しが悪く暗く埃まみれの部屋で過ごすのと、太陽光が燦々と入り掃除が行き届いた爽やかな部屋で過ごすのとではどう感じますか?

快適な部屋で過ごすことで、思考や行動への影響は計り知れないと想像できることでしょう。

ではどういったインテリアが最適なのでしょう?

理にかなった快適なインテリアというのが大切なキーになります。そして何千年も前に発見され効果があるとされてきた風水には、人々の生活の知恵となるものがたくさん秘められているのです。

そこで、今回は風水インテリアで運気アップするための主なポイントを紹介します。

スポンサーリンク


風水って何?

d08ea45d712495179f5c9e4269baf3a4_s
風水って興味はあるんだけど、よく分からないし迷信のような怪しい雰囲気だと思ってはいませんか?

風水は、古代中国に伝わる「陰陽五行道」「をもとに作られたもので、その歴史は何千年も遡ります。そして、それを実生活に即して少しでもより良い生活ができるよう考えられたものが風水インテリアなのです。

つまり風水とは捉えどころのないような観念的なものではなく、本来は実用的なものなのです。


では、風水をインテリアに取り入れる方法を見ていきましょう!

スポンサーリンク


インテリアに風水を取り入れてみたら何かが変わってくるかも?

08c2d95bb0cc9838144562b77128cf54_s
少し風水のことが身近に感じてきているでしょうか?

ここからはインテリアにおいて風水で重要なポイントやその理由などを3つのセクションに分けて紹介します。インテリアに風水を取り入れてみたら、きっと何かが変わってくるはずです。

  1. 玄関
  2. キッチン
  3. 寝室

順番に見ていきましょう。

玄関

c0885b30cea15ded3e7eae5c08abd309_s
まず風水では、家の玄関は最も大切と考えられています。その理由は、玄関というのは家の中に”良い気“を呼び込む入口と考えるからです。そのため、玄関の良し悪しで”良い気”が呼び込めるかどうかが変わってきます。そして、それが家全体、個人全体の運気に関わってくるのです。

では肝心の”良い気”はどうするれば呼び込めるのか?ということです。玄関風水を次の5つのポイントで考えていきましょう。

  • 明るさ
  • 香り
  • 整理整頓
  • 観葉植物や絵
  • 清潔

明るさ

玄関の日当りはどうですか?

自然光が入らない玄関の場合は、照明などを利用してできるだけ明るい印象になるよう心がけましょう。窓があるのが理想的ですが、我が家は玄関に窓がないため自然光は望めません。そのため反応式の照明を利用して人が通るたびに照明がついて明るくなるように心がけています。

また、湿気がこもらないよう炭などを置いて湿気対策をしています。“良い気”は明るくて心地よい場所に入り込んでくるのです。

香り

玄関に入った時に靴などの臭いはしませんか?

風水では香りはとても重要なポイントで悪臭は厳禁なのです。”悪い気”が入って滞り、”良い気”が入れなくなってしまいます。玄関ではアロマなどのように、ほのかに良い香りがするのが理想的です。

先ほどの除湿効果のある炭は、脱臭効果もあるのでオススメです。靴箱の奥に幾つか置いておくと良いでしょう。

また炭は数ヶ月すると効果が減少するので、定期的に水洗いして天気が良い日に天日干しにすることで繰り返し使えるので便利です。

整理整頓

玄関に段ボールなどの荷物や傘たて・たくさんの靴・ボールなど余計なものが置いてあって雑然としていませんか?

“良い気”が入る妨げになるので、玄関に並べる靴は人数分を心がけましょう。

また傘立てが常に出ていると”隠の気”がこもるので、使わない時は収納するよう心がけましょう。そして、荷物などは玄関以外の場所に収納するよう工夫しましょう。

観葉植物や絵

観葉植物や生花などは、邪気を吸収し家の中に入る気の流れを良くするアイテムです。脱臭効果のあるサンスベリアや、良い香りのする季節の花などを飾るのも良いですね。
また額に入れた絵や写真などを飾ることで、玄関が明るい雰囲気になります。

我が家では玄関が狭いので観葉植物などを置くスペースがないため、旅行の写真などを額に入れて壁に飾って空間を工夫しています。お客さんが来た時に話のネタになって会話も盛り上がるのでとても役に立っています。

観葉植物や花などが飾れない場合は、花や自然などの写真や絵を飾るのも良いですね。

清潔

次に整理整頓とも関係していますが、玄関はきれいに掃除されていますか?

玄関に限らず汚れていると”悪い気”が入りやすいので、常に清潔を心がけましょう。

その際できれば水拭きが効果的です。玄関を清潔に保つことで”悪い気”をシャットアウトして”良い気”が入りやすいようにしましょう。


何か特別なことではなく正しいであろう基本的なことですよね。けれど日々の生活に忙殺されていると、ついついこれらをないがしろにしがちです。

「洋服の乱れは心の乱れ」と昔から言われるように、生活の乱れは心の乱れであるとともに、さらに生活を乱れさせる負のスパイラルになりかねないことでもあるのです。

キッチン

b971122478417983c30073a279b0a211_s
次に、人の健康にとって大切な食に関わる場所であるキッチンもまた運気アップには大切なポイントです。

そして、キッチンは健康だけでなく”金運”にも関係する場所だと言われればさらに気になりますよね。

ここでは、キッチン風水を次3つのポイントで考えていきましょう。

  • 整理整頓・配置
  • 香り(ゴミや料理後の臭い)
  • 清潔

整理整頓・配置

実はキッチンは、「火=コンロ・電子レンジなど」や「水=シンク・冷蔵庫など」と相反するものが集まっているため”気”のバランスが崩れやすい場所なのです。そのため、良いバランスを保つためにも整理整頓・物の配置に工夫が必要になってきます。

例えば、冷蔵庫は「水=隠」で電子レンジは「火=陽」なので相反します。そのため、冷蔵庫の上に電子レンジを乗せていると陰陽のバランスが崩れてしまうのです。どうしても置き場がない場合には、冷蔵庫と電子レンジの間に気を中和させる「木の板」を置くのが良いでしょう。

その他では、シンク下は湿気がこもりやすいのでストックしておく食材などは避けて、鍋やフライパンなど出入りが多いものにしましょう。反対にコンロ下に食材のストックなどを置くというのは、「食材に火=エネルギーを与える」ということで適しています。

またできるだけ見えない収納を心がけて、キッチンが雑然とならないよう工夫しましょう。冷蔵庫にベタベタと物を貼ると、ごちゃごちゃした印象になったり掃除もしづらくなるので悪影響になってしまいます。必要最低限にとどめ、すっきりと見えることが大切です。

香り(ゴミや料理後の臭い)

風水は、悪臭をとても嫌います。そのため、悪臭がする場所では”良い気”は望めません。そのため生ゴミなどが出るキッチンでは、悪臭に対する対策がとても重要です。

蓋付きのゴミ箱や換気扇を上手に使用して快適な空間になるよう心がけましょう。また、生ゴミなどはこまめにゴミ箱に捨てるよう工夫しましょう。

私の場合、生ゴミは新聞紙に包んで蓋付きのゴミ箱に捨てるようにしています。新聞の再利用もできるので一石二鳥ですよ。

清潔

シンクに洗い物がたまってはいませんか?また、使い終わったキッチン道具などが洗って水切りに置いたままになっていませんか?

これは、”隠の気”が溜まる原因になってしまいます。しっかり拭いて乾かしたら所定の場所に収納しましょう。

私の場合、料理をするモチベーションを上げるためにもシンクや水切りに洗い物をためないようにしています。それにきれいにしていると気持ちが良いですよね。やはりここでも、整理整頓・清潔は重要なポイントになっていますね。

人がストレスを感じない=快適である」というのが、風水では大切な考え方なのです。

この考え方を常に頭に入れておけば、その他の場所でも応用が利くので忘れないでくださいね。

寝室

8ecb323b0632f3aa0a24dc27ab80781c_s
最後に、寝室です。風水では陰陽説の考え方であると説明しましたが、自然界すべてのものが陰陽に立て分けられます。そして「陰=静」と「陽=動」となります。

生活に当てはめると、「行動する=動(陽)・就寝する=静(陰)」となります。

就寝する場所である寝室は静(陰)とであり、1日の疲れを取り翌日からのパワーを蓄える場所として非常に重要な場所になるのです。

なぜなら睡眠中は、”気”をとても吸収しやすい状態になると言われているからです。よって最適な寝室を作って良い状態で就寝することが、その人の運気をアップさせることにつながるのです。

寝室風水では、次の3つのポイントで考えていきましょう。

  • 心安らぐ色調
  • 照明の工夫
  • 整理整頓・清潔

心安らぐ色調

寝室に入った途端に心が安らぐような印象になる色調が理想的です。

具体的には、ベージュ・ブラウン・ピンクなどの優しい暖色系または、ブルー・グリーンなどの癒し効果のある寒色系が良いでしょう。

カラーセラピーという療法もあるように、色は多くの影響を与えるため重要なポイントになります。

照明の工夫

日本では蛍光灯が主流でしたが、近年では外国のように柔らかい色の照明やライトスタンドなどが多く出回るようになりました。柔らかい黄色い照明などは、睡眠への自然な導入剤としての効果があります。また夜間帯のようにリラックスするためにも最適な色味になります。

前にアメリカ人のお宅へ招待された際、目が悪くなるんじゃないか?と思うほどのあまりの照明の暗さに驚きました。リラックスする時間帯なので、アメリカの各家庭では夜間の照明は暗いのが当たり前のようです。

少し話が逸れますが、パソコンや携帯・テレビなどから出るブルーライトは睡眠に悪影響を及ぼすという話は有名ですよね。そのため寝る30分から1時間前には見ないようにすることで目や脳を落ち着かせることができるので、自然な睡眠につながります。

反対に白い色の照明は活動的な時間帯には必要になります。

我が家では、日中は白い色の照明にして夜間帯は黄色の照明にと切り替えられるものを使用して工夫しています。そのため、夜になると自然に眠くなります。

整理整頓・清潔

快適な寝室作りには、何も高級な家具や寝具が必要なのではありません。

物がごちゃごちゃと積み重なっていっていないことや、ホコリがたまっていたりしないように気をつけることの方が大切です。物がきちんと収納され配置され、きれいに掃除されている寝室では、自然と気分が落ち着くはずです。

また、布団やシーツなども清潔を心がけましょう。

昔から「垢では死なない」などという言葉がありますが、それは健康体な場合であって疲れていたり、ストレスがたまって免疫力が低下している場合には、ホコリなどが原因で思わぬ病気を招いたりしかねません。

そうでなくても洗いたてのシーツや布団の気持ちよさは、格別ですよね。

スポンサーリンク


まとめ

514191
風水インテリアで運気アップ!いかがでしたか?

インテリアで大切なポイントは次の3つなので、是非実践してみてくださいね!

  • 玄関
  • キッチン
  • 寝室

風水と言っても何も特別なことではなく、考えてみれば快適な生活にするための当たり前の知恵と言ってもいいかもしれませんね。

また基本的なことなので、すぐに取り入れられることがたくさんあると思います。

少しずつでも取り入れてより快適な環境で生活し、運気アップされれば幸いです。