夏なのに、肌がカサカサすることありませんか?

私は、かなりの乾燥肌で、夏でも化粧水や乳液などのクリームを塗らないとかっさかさです。でも、クリームを塗ると、寝ている時に汗をかいて、朝おきたときには、油ベタベタって状態になって困っていました。

そもそも、夏の季節は、汗をたくさんかくし、湿度も高いのに、どうして肌が乾燥してしまうんだろうと疑問に思っていました。

ここでは、夏の乾燥肌の原因と対策について、紹介していきます。

スポンサーリンク


夏の乾燥肌の原因

454082
最初に、夏の乾燥肌の原因について学びましょう。

夏の乾燥肌の原因は、主に3つです。

  • エアコンの使用
  • 紫外線への暴露
  • タオルで拭きすぎ

それぞれについて詳しく説明していきます。

エアコンの使用

487a2aa279709dcaba936da78bfa1e06_s
夏の乾燥肌の大きな原因は、エアコンの使用があります。

エアコンで室温が冷える仕組みは、人の汗と同じ原理です。

人は暑いと汗をかきますが、汗がひいて、乾いてくると、体が涼しいと感じますよね。これは、汗が蒸発するときに、体の熱も奪い、体を冷やしているのです。

エアコンはこれを機械的に行っているため、人の体は水分が奪われて、乾燥することになります。


また、エアコンや扇風機などで直接風があたることも皮膚の水分をどんどん奪ってしまい、乾燥肌の原因となってしまいます。

紫外線への暴露

120e27c6a6ee537f3443f49dc65e7331_s
夏の乾燥肌の大きな敵に紫外線があります。

紫外線は、肌に良くないってイメージがありますよね。

紫外線の種類によっては、皮膚の奥まで入り込み、その部分の働きを鈍らせてしまいます。皮膚は、肌の奥から、新しいものができて、徐々に皮膚の表面にでてくるのを繰り返しています。

紫外線によって、肌を作る機能が低下してしまうと、肌が作りかえられず、古いままになってしまいます

これが、乾燥肌の原因となってしまいます。古い肌は、水分などの保持する力が弱く、はりなどの弾力も失われてしまっています。この状態が結果、乾燥肌と感じてしまうことになるのです。

タオルで拭きすぎ

511866
夏は、汗をたくさんかきますよね。その汗をタオルなどで、拭くことも、乾燥肌の原因になってしまいます。

タオルで汗を拭くときに、思わずごしごし拭いてしまうと、皮膚を刺激しすぎてしまいます。また、1日に何度もシャワーを浴びたりすることも肌が乾燥してしまいます。


ここまでは、夏の乾燥肌の原因について紹介してきました。

夏は、エアコンや紫外線など、乾燥させる天敵がたくさんいるってことですね。

でも、エアコンも紫外線も、両方とも避けて通ることができません。乾燥肌対策をしっかりしておかなければ、どんどん乾燥が進んでしまいます。

次の項では、夏の乾燥肌対策を紹介していきます。

スポンサーリンク


乾燥肌への対策

488526
乾燥によって起こる皮膚疾患とその対処法を学びましょう。

一般的に乾燥肌というのは、皮脂欠乏症(乾皮症)といわれています。

皮脂欠乏症は、白くなったり、細かいふけのようなものが現れます。”粉が吹く”ともいわれることもあります。

この皮脂欠乏症は、肌の保湿を保つ皮脂や汗が失われて、肌の表面が乾燥してしまっている状態です。

皮脂欠乏症への対処法は、保湿をすることです。

肌がカサカサなときは、油分が多めのワセリンやグリセリンなどを含んだ保湿剤を使います。

皮膚が白くなったりふけのようなものが出ているときは、皮膚を柔らかくするサリチル酸乳酸尿素が含まれている保湿剤を利用しましょう。

乾燥肌を放置してしまうと、皮膚の奥深くまで乾燥が進んでしまいますので、早めに保湿剤を使いはじめることがおすすめです。

また、夏の季節よりも冬の季節の方が乾燥肌になりやすいので、夏の季節の乾燥肌は早めに治してしまいましょう。

また、夏の入浴方法については、3つに注意しましょう。

  • タオルで皮膚をごしごし拭かない
  • シャワーを頻回に使う方は、石けんや洗顔を使いすぎないようにする
  • 温めの湯を使用する(熱い湯は、皮膚に刺激すぎる)

乾燥肌のときは、肌が刺激に敏感な状態なので、優しくタオルで拭くなどして、守ってあげましょう。

スポンサーリンク


まとめ

37692716e516d54054338ce1a5ba6ce1_s
ここでは、夏の乾燥肌の原因と対策について紹介してきました。

夏の乾燥肌の原因は、主に3つです。

  • エアコンの使用
  • 紫外線への暴露
  • タオルで拭きすぎ

肌は、エアコンや扇風機の風があたるだけでも乾燥してしまいます。また、紫外線が、肌の奥にある新しい肌を作る能力を抑えてしまいます。

夏にも乾燥肌になる要因が、たくさんあるので十分注意が必要です。

これらの、乾燥肌への対処法は、主に4つです。

  • 保湿剤を塗る(グリセリン入りや、サリチル酸入りなど)
  • タオルで皮膚をごしごし拭かない
  • シャワーを頻回に使う方は、石けんや洗顔を使いすぎないようにする
  • 温めの湯を使用する(熱い湯は、皮膚に刺激すぎる)

乾燥肌対策は、早めに保湿剤を使いましょう。保湿剤は、油分が多いものと、皮膚を柔らかくして、水分を保てるようにするサリチル酸などが入ったものを選ぶのがおすすめです。

ただし、油分の多いものは、ベタベタして、ちょっと扱いにくいこともあります。

私は、とっても乾燥肌で、夏の季節もかさかさしています。もちろん、冬の季節はより一層、肌はかさかさです。

私の場合ですが、夏と冬では保湿剤を使い分けています。基本的に化粧水と乳液の2つを使い分けているんですが、夏の季節は化粧水のみ、冬の季節は化粧水+乳液を使うようにしています。

夏は、油分が多いと、ベタベタして、朝起きたときの顔が、汗と保湿剤で、困ったことになってしまいます。化粧水などもさっぱりとしたものを選ぶのもおすすめです。

また、余談ですが、乾燥肌になってしまう原因に、皮膚の油分がなくなってしまうと説明しました。人の体は、自分で皮脂を作ることができます。この皮脂は、最高の保湿剤といわれています。

この皮脂は、取り過ぎないことがポイントです。方法は、コットンなどに少量の化粧水などを付けて、ふき取るくらいがGOOD

でも、朝は、しっかりと水でばしゃばしゃと顔洗ってさっぱりしたいですよね。そんなときは、化粧水や乳液を上手に組み合わせて、乾燥肌を乗り越えちゃいましょう。

自分に合った、乾燥肌対策を見つけてみてくださいね。