最近、美容効果などで注目されているエクオール、薬局やドラッグストアなどでも見かけるようになりました。

日本人の約半分は、体の中でエクオールを作ることができると言われています。そんなエクオールは、腸内で作られると言われていますが、エクオールを作る産生菌が体の中にいる必要があります。

美容や健康に良いエクオールを体の中で作ってくれる産生菌、たくさん持っていたいですよね。

ここでは、エクオールの産生菌を増やす方法をお伝えします。

スポンサーリンク


エクオールの産生菌の必要性

470886
エクオールの産生菌を増やす方法について学ぶ前に、エクオール産生菌の必要性について学びましょう。

エクオール産生菌の必要性について理解するためには、大豆イソフラボンとの関係を知る必要があります。

大豆イソフラボンには、女性ホルモンの一種、エストロゲンに似た効果があると言われ、更年期障害の症状緩和や、美肌効果などがあると言われてきました。

しかし、最近の研究結果では、大豆イソフラボンを体に取り込んだ後、エクオールに変換されたものが、女性ホルモンに似た効果を示すということが分かってきました。

この大豆イソフラボンが腸内で吸収されるときに、エクオール産生菌が、大豆イソフラボンからエクオールに変換するという作業をしています。エクオール産生菌とは、腸内細菌の一種です。

大豆イソフラボンをたくさんとっても、大豆イソフラボン自体が女性ホルモンに似た効果を示すのではなく、エクオールに変換されないと、大豆イソフラボンの効果は得られないってことなんですね。

反対に、エクオール産生菌が腸内にいない人、もしくは、少ない人は、大豆イソフラボンを摂取しても、女性ホルモンに似た効果は得られないということになります。せっかく豆乳などを飲んで大豆イソフラボンを摂取しても、なんの効果も得られないのではもったいないですよね。

でも、エクオール産生菌は、日本人の2人に1人しか持っていないと言われています。

エクオール産生菌を持っていない、もしくは、少ないならば、エクオール産生菌を増やす方法、気になりますよね。

そこで、次の項ではエクオール産生菌を増やす方法について、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク


エクオール産生菌を増やす方法

488526
エクオール産生菌を増やす方法は、次の3つがあります。

  • 大豆製品を積極的に摂取する
  • 食物繊維を多めに摂取する
  • お子様は特に、大豆製品を摂取する

それぞれについて、詳しく説明していきます。

大豆製品を積極的に摂取する

030cfb289046daa4c425fc14570bfab8_s
エクオール産生菌を増やすためには、大豆製品を食べることが効果的です。

大人になってしまうと、腸内細菌をかえるということはとても時間がかかります。そのため、エクオール産生菌がいない、少ないという人は、エクオール産生菌を増やすのにも時間がかかってしまいます。

でも、大豆製品の大豆イソフラボンが体に摂取されないと、そもそものエクオールも産生されませんので、大豆製品を摂取することは大切です。

現在、国で推奨している大豆イソフラボンの1日の摂取上限量は、70mg~75mgと言われています。

おおよその大豆イソフラボンの含有量は、次の通りになります。

  • 納豆1パック
  • 36.8mg

  • みそ汁1杯
  • 9.9mg

  • 豆乳200mL
  • 49.6mg

  • 豆腐1丁
  • 60mg

意外と大豆イソフラボンって1日の上限量を摂取しやすいんですね。我が家は、1日1回は納豆1パック食べますし、豆腐やみそ汁も飲みます。むしろ、豆乳を飲んだりすると、1日の上限を超えてしまいそうです。

国が大豆イソフラボンについて、1日の摂取上限量を決めているということは、過剰摂取は健康を害する恐れがあるということです。何でも大量に取ればよいってものでもないということですね。

食物繊維を多めに摂取する

57d18a3ee80a60d1b8f9dcc284fe74ec_s
エクオール産生菌などの腸内細菌が活発に活動するためには、どんな栄養源が必要だと思いますか?

人間の場合、脳の栄養源は糖分、筋肉を動かすためには、タンパク質や脂質など、色々ありますよね。エクオール産生菌を含む腸内細菌の栄養源は、食物繊維なんです。

エクオール産生菌の研究では、欧米などの肉食が主流な地域では、腸内細菌にエクオール産生菌を持つ人が4人に1人という結果も出ています。つまり、大豆製品を摂取しても、食物繊維が少ないと、結局、腸内細菌に栄養源がいきわたらず、活発に働くことができないということになってしまいます。

そして、残念な結果ですが、日本人の若い世代の食生活は、欧米の食文化に似てきているため、エクオール産生菌を持っている人は、高齢者よりも少ないという報告もあります。

食物繊維は、葉物野菜や、根菜、海藻やキノコも豊富に含みます。お味噌汁に加えるなど、上手にバランスよく摂取していきましょう。

お子様は特に、大豆製品を摂取する

12d1a94b825e0830a8f79559f8ad1bb5_s
エクオール産生菌を腸内に持つためには、幼少期の食生活がとても大切です。

生まれたばかりの赤ちゃんは、腸内細菌をほとんど持っていないと言われています。赤ちゃんは、成長過程において、母乳やミルク、離乳食などから、生きるために必要な腸内細菌を得ていきます。

お子様の場合は、腸内細菌のベースを作るところからなので、大豆製品などに含まれるエクオール産生菌を大人よりも簡単に増やすことができます。

幼少期に大豆製品をしっかりと摂取することで、エクオール産生菌が腸内に棲みついてくれるようになります。

エクオール産生菌が体の中にいるかどうかは、尿検査で判定することができます。私がこの尿検査をやった結果を、あるエクオール商品を販売しているメーカーに伝えたところ、「お母さんが子供の頃、しっかりと大豆製品を食べさせてくれたんですね。」と言われました。

そのくらい、子供の頃の食生活がエクオール産生菌に影響するということですので、子育て中のパパ、ママ、しっかりとお子様の食事、大切にしてくださいね。

スポンサーリンク


まとめ

e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_s
エクオール産生菌が腸内にいないと、大豆イソフラボンを摂取しても効果が得られないとわかって、結構ショックでした。

エクオール産生菌を増やす方法は次の3つを紹介しました。

  • 大豆製品を積極的に摂取する
  • 食物繊維を多めに摂取する
  • お子様は特に、大豆製品を摂取する

この中でも、特に、お子様に大豆製品を積極的に摂取することが大切です。正直、大人の腸内細菌の種類を変えようとするのは、とっても時間がかかります。でも、子供の場合は、まだまだ、腸内細菌自体が少ないため、エクオール産生菌を定着させやすい環境が整っています。

エクオール販売のメーカーの方が、「正直、子供の頃にエクオール産生菌が腸内細菌にないと、大人になってからでは遅すぎるんですよね。」とのこと。

エクオール産生菌がいない大人は、エクオールをサプリメントから摂取するのが手っ取り早いそうです。(エクオール販売メーカーの方のお話しなので、そりゃサプリメントが売れるような文句かもしれませんが…)

ぜひ、この記事を読まれた子育て世代のパパやママは、お子様の未来の健康のためにも、大豆製品を積極的に食事に取り入れてみてくださいね。

私も0歳児育児に奮闘中の新米ママです。もう少し離乳食が進んだら、納豆など積極的にチャレンジしていきたいと思っています。一緒に頑張りましょうね!