柑橘類に含まれるヘスペリジンって聞いたことありますか?へスぺリジンは別名ビタミンPとも呼ばれています。

ビタミンBやビタミンCなどは聞いたことがあるけれども、ビタミンPはあまり耳に馴染みがないという方もいらっしゃいますよね。

ヘスペリジンは注目されている成分で、柑橘類に多く含まれています。血管や血流にとってもよい効果があるといわれています。

トクホ(特定保健用食品)にもヘスペリジンが含まれているものもあるんですよ。

ここでは、そんなヘスペリジンの効果効能について、詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク


ヘスペリジンとは?


ヘスペリジンの効果効能について学ぶ前に、ヘスペリジンがどのようなものなのかを学びましょう。

ヘスペリジンは、ミカンやレモン、はっさくなどの柑橘類に多く含まれているポリフェノールの一種です。

ポリフェノールは、植物が紫外線などの外部からの刺激に耐えるために、皮や袋、スジなどに多く含まれています。ポリフェノールは成熟するとその働き終えるといわれているため、成長途中の柑橘類の方がヘスペリジンが多く含まれています

当初ヘスペリジンは、ビタミンPの一種とされていました。ルチンやヘスペリジンなどのポリフェノール類をまとめたものがビタミンPと呼ばれていたのです。

しかし、発見された当初は、ビタミンの一種として分類されましたが、後に詳しく調べたところビタミンではないことが分かりました。そのため、現在では、ビタミン類としては扱われず、ビタミンと似た働きを示す栄養素とされています。

ヘスペリジンがどのようなものかを分かったところで、次の項では、ヘスペリジンの効果効能について詳しく説明していきます。

スポンサーリンク


ヘスペリジンの効果効能


ヘスペリジンには、主に次の2つの効果効能があるといわれています。

  • 血管を強化
  • 血流を改善

それぞれについて詳しく説明していきます。

血管を強化する


ヘスペリジンには、血管を強化する効果があります。

血管は、細胞に栄養や酸素などを運搬する重要な役割があります。各細胞にこれらの成分を届ける際に血管は、細胞に栄養などを通過させます。

この通過させる方法は透過といわれており、この透過のバランスが崩れてしまうと必要な成分を与えることができません。

ヘスペリジンは、この透過性のバランスを整える働きがあるといわれています。血管にとって透過性が高すぎても負担になってしまいますし、低すぎても必要な栄養素を細胞に与えることができません。

ヘスペリジンはこれらのバランスを保つことで、血管を健康に強化できるのです。

また、血管への透過性のバランスが崩れることによって、むくみなどの症状が出てしまいます。ヘスペリジンを摂ることで、むくみなどを防ぐことができるといわれています。

血流を改善

ヘスペリジンには、血流を改善する効果があるといわれています。

これはヘスペリジンの血管強化の働きがあります。これはヘスペリジンの透過のバランスを整えることによって、細胞に十分なエネルギー源や酸素などが供給されます。その結果、細胞の新陳代謝が活発になり、血流を改善することができるのです。

血流が改善することで、次の2つの効果が期待できます。

  • 肩こりの改善
  • 冷えの改善

肩こりや冷えは、血流が悪化することで、筋肉を固くしてしまったり、血管を細くして、冷えのもとにもなってしまいます。

寒い季節は、手足や指先が冷えますよね。それをヒーターで温めても表面だけしか温まっていません。ヘスペリジンを摂取することで、体の中から血流が改善され、体が温まるのです。

ヘスペリジンには、血管や血流に嬉しい効果があるため、ぜひ体に効率的に摂り込みたいですよね。

そこで、次の項では、ヘスペリジンの摂り込み方について詳しく説明していきます。

スポンサーリンク


ヘスペリジンの摂り込み方


血管や血流に良い効果がるヘスペリジンは、食品から摂取するのはとても難しいといわれています。

ヘスペリジンには、光や熱に弱いという特徴があります。また、空気による酸化もしやすいため、取り扱いには注意が必要です。さらに、ヘスペリジンは、水に溶けにくいため、体に吸収されにくいという特徴もあります。

ヘスペリジンを柑橘類などの食品から摂取するのは難しいのが現状です。

しかし、サプリメントの中には、水に溶けやすく、吸収しやすいヘスペリジンがあります。それらを用いることで、体に吸収しやすいヘスペリジンを摂ることができます。

Amazonには様々なサプリメントが販売されているので、好みの物を探してみてはいかがでしょうか?
Amazonで”ヘスペリジン”で検索した結果
スポンサーリンク


まとめ


ヘスペリジンはあまり聞き慣れない栄養素ですが、様々な健康効果があるんですね~。

そんなヘスペリジンの効果効能は主に次の2つがあります。

  • 血管を強化
  • 血流を改善

ヘスペリジンは、血管にとっても嬉しい効果が詰まっているんです。特にヘスペリジンの血管を強化する効果が重要です。

栄養や酸素を運ぶ血管の透過性のバランスをヘスペリジンが整えることによって、細胞に必要な栄養素などを届けやすくなります。また、血管にかかる不要な圧力などを軽減することができるため、血管を強化することができるといわれています。

さらに、血管が強化されると、細胞の新陳代謝なども活発になり、血流も改善するという嬉しいおまけつきです。

これらの嬉しい効果のあるヘスペリジンですが、食品から摂取するのはとても難しいといわれています。

ヘスペリジンには、光や熱に弱いという特徴があります。また、空気による酸化もしやすいため、取り扱いには注意が必要です。

積極的にヘスペリジンを摂り込むためには、サプリメントを用いることがおすすめです。まだまだ、研究途中の成分であるヘスペリジンですので、今後はさらに色々な効果効能が発見されるかもしれません。

体に良い効果効能が未発見なのもそうですが、体にとって負担となる副作用の発見もいまだされていません。そのため、サプリメントなどからヘスペリジンを摂取する場合は、用法用量を守って飲むようにしてくださいね。